その後。その17。

1年半ぶりのブログ更新。
その間、大小いろんなプロジェクトあったし、2回海外リサーチも行ったし、
上海の復旦大学で1学期間非常勤講師みたいなこともやったのに、
なんか思い立ったから、おとといのことを先に書いとこう。
その他のことは、思い立ったらまた書くとして。

11月15、16日、
佐賀大学美術工芸コースのデザインの荒木教授から誘われて、
独り言のような講演と、ワークショップをしました。

講演も質問がハイレベルで良かったんだけど、
ちょっと割愛して
ワークショップが面白かったのでそのことを。

ワークショップについては、
荒木先生からは「刺激を与えて欲しい」っていうオーダーをもらっていました。
ここに書いちゃうと生徒にバレバレだけど。
刺激。むずかしい。僕が欲しい。

いろいろ候補は考えたけど、結局選んだテーマは以下。
シートから抜粋。

--------------------------------------------------------------------------
テーマ「はじまりのデザイン」

ルール1:約3時間あげます。自由に使ってください。
ルール2:いままでやりたくてやってなかったことを1つやってきてください。

      完成しなくてもいいよ。途中でも。
      完成するに越したことはないけど。
      とにかく、何をやったか、報告してください。
--------------------------------------------------------------------------

これをツイッターで書いたら、
結果どうなったか、3時間で人生でやってなかったことをやれたのか、
知りたい!教えろ!という声が多々あったので、
たまにブログでも書こうという気になったわけです。

11時に解散。昼飯30分をはさんで
人生でいままでやりたかったけど、やってなかったことを3時間でやって、
2時半に集合。

d0108362_1362895.jpg
みんなには写真を撮って来てもらったので、
それをPCのカメラで写しながらだいたい1人2ー3分で報告。
あ、ちなみに、メンバーは25人。ほぼ女子。男子は3人。


1人目は、「囲碁がしてみたかった。」らしい。
それで、囲碁教室に勇気を持って入ってみて、おじさんだらけで(平日の昼だしね)
いろいろ丁寧に教えてくれたけど、
初心者は無料で教えてくれるコースがあるけど、2人で来た方がいいから
来週の水曜日朝10時半から2人でおいで、とのことで、
「誰か一緒に行ってくれませんか?」と誘って終了。

2人目は、「木に登ってみたかった。」
大学の中の木にめぼしをつけ、警備員の人に、登っていいかと聞いたら
自己責任でどうぞ、と言われ、登ってみたらしい。
リンゴを木の上で食べられたらさらに良かった。というディテールの発案が
さすがデザインコース。

あとは、
・押し入れの2段目で寝てみたかった。で、3時間寝て来た人。
 (上を片付けて、いろいろ小物を置いて、天井にポスター貼ったり小物が効いてた)

・屋上で鍋パーティーをして来た数人。
 (授業中にビール飲んで帰って来た。ルールを作っていたらしく、
  1 ビールは1本のみ。 2 来たときよりキレイに。 3 夢や野望を語り合う。 4 この日のことを忘れない。
  だったらしい。そして空の写真をたくさん撮ってきた。)

d0108362_1353432.jpg・キャットウーマンになりたかった女子。と
 samuraimanというキャラになりたかった男子。と
 CMを作りたかった男子。がチームを組んで映像を作っていたり。


・知らない人に声をかけて友達を作ってみたかった女子が友達を作って帰って来たり。

・コンビニのケーキをくっつけて、ホールのケーキにしてみたかった女子。

・豆から焙煎してコーヒーを入れてみたかった女子。
 (で、豆かってきて焙煎して入れてくれた)

d0108362_1341779.jpg・地面にチョークででかい絵を描きたかったチーム。
(描いてたら先輩たちも描きたがってさらに大きい絵になった。)


・おばあちゃんに自分が描いた犬の絵をあげる約束をしていて、
 ずっとあげていなかったのであげてきた西洋画科の女子。
 (おばあちゃんが、認知症なので、気が引けていたらしい。でもこれをきっかけにプレゼントしに。
  おばあちゃんは、いつのまにかネコ好きになっていたらしく、今度はネコの絵をあげる約束をしてきたそう。)

そして、
・告白して来た女子。(成功して帰って来た。)

etc..


僕は、人生は自習だ、と思っていて。
自分でやりたいこと、自分で吸収したいこと、しか身にならないから。
だから、その日も、要は、自習をしてもらう、ってのが主旨だったわけで、
僕が特に教えることもメッセージすることもないので

みんなに最後「何を学んだ?」って聞いのだけど、
それぞれが自分で学んだことを、
すごく活きた自分の言葉で、
話してて。
その3時間の濃さときたら、なかった。

これ以外に考えてたテーマの1つは「3時間で世界を変えて来てください。」ってのもあったんだけど、
この25人が、この3時間ではじめた25個のことで、
いろんな化学反応が起こって、
世界は何か変わると思う。

僕は、空港に忘れたお土産を取りに行ったり、
急ぎの仕事とかしていたので、
過程が残ってなく。
ムービーとか撮っとけば良かった。ほんっと残念。
[PR]
# by hkuranari | 2012-11-19 01:39

その後。その16

d0108362_2194473.jpg


日経デザインの廣川さんが、白金高輪のギャラリーで、
EDIT/REALという
日替わり店長で、1ヶ月、どんどん店が変わる企画をされてます。

そんで、4月3日(日)は、僕が店長です。
良かったら、いらしてください。急ですが。
あ、明日空いてるな位の気分で。



d0108362_2203236.jpgなにやるかというと「dayshop/REAL」というお店をやります。
僕が前からやっている、
過去の日めくりカレンダーを20数年分集めて1日単位でバラ売りしてる
webshop「dayshop」のリアル店舗です。
http://www.dayshop.jp

要するに、自分の記念日の本物の日めくりを1日分だけ買える店です。
誕生日とか、子供野誕生日とか、結婚記念日とか、
独立した日とか、とかとか。

地震後、まだ少しだけの寄付しかできていない僕は、
売り上げを全部(実費だけ引いて)東北に寄付しようと思っています。

過去の物を売って、未来の復興のためのお金に変える、
過去を未来に変えるイベント、ともいえます。

在庫は、
1978、1979、1985、1990−1998、2000−2010
の23年分の日めくりがありますので、
欲しい日があったら、
サイトのリストってとこで在庫を確認してもらうと確実です。
(2009、2010はリストにないですが、あります。)

お菓子とお酒も用意する予定なので、散歩がてらでも。

そろそろこのサイトも閉めようかとも思っていたので、
欲しい日があった場合は、お早めに。
どうぞよろしくお願いいたします。

場所、詳細は、http://editreal.infoで。
11時ー18時でやってます。
[PR]
# by hkuranari | 2011-04-02 02:26

その後。その15

せっかくやったのに、どこにも載せてなかったので、ここに書いとこう。

塚本太朗さんが誘ってくれて、神戸エコデザイン展に出展しました。
2年前だけど。

いろいろ考えたけど、リサイクル物が多いのではと読んで、
キモチが変わるような、自然をリスペクトするキモチを呼び起こすような物が
作りたいなと思って、こういうのにしました。

タイトルは「sun×5」。

d0108362_235336.jpg


太陽で充電できる乾電池バイオレッタを株式会社太陽工房さんにお借りし
(その節はありがとうございました)
ブラジル ハワイ シドニー バルセロナ 沖縄 ヘルシンキの友達に送って
現地の太陽で乾電池を充電してもらって、送り返してもらいました。

d0108362_23303997.jpg



その太陽エネルギーを神戸で、豆電球に再生。

d0108362_2331477.jpgd0108362_23311625.jpg


沖縄が明るいような気がする、とか、ヘルシンキが暗いような気が、とか。
この5個パックで、乾電池売りたかったけど、相当高くなるのでやめました。
でも、太陽が強い場所のお土産物にはなりそうなので、
どこかやりませんかね。

その節は、神戸の松岡さん、A4さん、みなさまお世話になりました。
その後2年の間に、いろんなところで、お会いすることになって、良かったです。
[PR]
# by hkuranari | 2011-01-14 23:17

その後。その14

d0108362_22593091.jpg直島の地中美術館のミュージアムショップより
ジェームス・タレルの「オープンスカイ」(空を見上げる作品)の空つながりで、
flying cardとflying letterを取り扱えないかとの
すごく光栄なオーダーあり、
取り扱ってもらい始めました。
行ったらぜひお願いします。
[PR]
# by hkuranari | 2010-08-13 22:59

その後。その13

d0108362_23532821.jpg妻の誕生日が近くなり、
ケーキどうしようかなと考えていて、
ふと、
子供に描いてもらった絵を
ケーキにできないかなと思い立つ。


7月2日。
お母さんの誕生日ケーキの絵を描いてくれない?と娘に依頼。
娘、快諾。

10分後、
スケッチブックの裏に、
この絵が完成。



こうして、妻に内緒の、娘との極秘プロジェクト、スタート。



7月11日昼。
近所に、キャラクターもののケーキを
オーダーメイドで作ってくれるケーキ屋があり、相談に行く。
しかし、予約が一杯、と断られる。
この時は、チッと思ったのだけど、後で考えるとそれで良かった。
断ってくれてありがとう。




同日夜。
宣伝会議のコピーライター養成講座に通っていた時の友達、
田中辰の奥さんがパティシエであることを思い出す。
ちなみに田中は品のいいCMを作っているCMディレクター。

これこれこういうことで、子供の絵をケーキにしたいのだ、ということを伝える。
田中はいつも要所で助けてもらっている友人。
今回も要所で、頼る。

絵を、写メで送る。

2段のケーキが入る箱が奥さんの店にはなく、また、
ハートの部分をクッキーで作ってくっつけて運ぶと壊れやすいので、
パーツを作って、家で組み立ててもらうことになるけど、いい?とのこと。
作っていただけるのならそれでOKです。と答える。

空想の世界のケーキを、
現実の世界で作り上げてくれる人、現る。

その後、てるてる坊主みたいなこの模様が何か?
この赤いドレープの部分の素材は?など、いろいろと詳細を聞かれるが、
まったく聞いていなかったので、翌日娘に聞くことに。




7月12日朝。
幼稚園に送りながら、あの絵の、あの赤は何?とか、
上に載ってるのはローソクだよね?と詳細を聞き出す。
上の段は、クリームが真ん中にはさんであるスポンジケーキで、
下の段は、全面クリームが塗ってあってもOKなどなど。



d0108362_0656100.jpg7月16日夜。
ケーキ屋閉店後。
田中の奥さん、茜さんのお店、洗足池のpatisserie Akaneに
ケーキをピックアップに。

d0108362_071974.jpg行くと、作業台に設計図が。

いろんな工夫をしていただいたことが、垣間見える。
やったことないことも、あったのだとか。
感謝感謝。


d0108362_074113.jpgこのケーキ、
前述のように組み立て方式なので、
説明を受ける。

できてる。。想像以上に出来てる。
さすが、プロ。
プロはさすがだ。
d0108362_075547.jpg完成間近だ、と、その前に、
持って帰る時にこけないか、
冷蔵庫から出すときに落っことさないかが心配。

タクシーで帰る。




d0108362_0363672.jpg7月17日。

妻誕生日当日。
昼飯のあと、妻をベッドの部屋に追いやり、ケーキ組み立て。
各パーツを、冷蔵庫から出し、テーブルに並べる。
d0108362_0354062.jpg下の段を皿に乗せ、クッキーを配置する。
ケーキの周りの飾りの半月型のクッキー。
d0108362_0343861.jpg
そして、ケーキ側面にくっつける、大小のハート型のクッキー。


次に上の段を乗っける。
d0108362_0334334.jpg
ここ失敗できないところなので、父の権限で、乗せる。

うまく乗った。
近年で最高の集中力。

ローソクを立てる。
本当は35本なのだけど、見栄えから10本に。


ついに、完成。

d0108362_0505264.jpgd0108362_0513186.jpg
d0108362_0314510.jpg妻は「すごーい。」を連発し、
プレゼントはいらないと言っていた。
あとでやっぱりいると言い直すのだけど。




持つべきものは、友達。
田中と田中の奥さんありがとう。
いい赤ちゃんを産んで、そんで、
田中の誕生日に、子供が描いた絵で、奥さんがケーキを作ったりしたら、
それはそれは、楽しいよ。


d0108362_0532150.jpgd0108362_0325536.jpgちなみに、田中の奥さんのお店は、
patisserie AKANE 大田区上池台2-23-9  03-6426-8332
http://p-akane.com/
です。
おいしいので、ぜひ。
[PR]
# by hkuranari | 2010-07-19 01:00

その後。その12

d0108362_21302966.jpg3回前にアップした、
こどもにしか見えない広告が、
NYADCのシルバーをもらったのを口実に5月18日アメリカへ。

授賞式に出席しつつ、
次の週にボストンであるMITメディアラボのスポンサーミーティングまで、
NYを探索する。

d0108362_21304330.jpgNYdentsu、R/GA、Mother、BBH、Widen&Kennedyで、
なんかあたらしいことないっすかー?と聞く。

Momaもグッゲンハイムも自由の女神もWorldTradeCenterももちろん行った。
その他もいろいろおもしろいことあるけど、省略。


d0108362_2275998.jpgNYではとにかく、しんやさんと彼女のあかねさんにおせわになり、
NY在住80歳超えアーティスト川島猛さんのSOHOのアトリエにずっと泊めてもらっていた。
(川島さんは日本にお帰りだった時だったので、いつかお会いしたい。)


d0108362_2285188.jpg5月24日ボストンへ。
25日ー27日MITメディアラボのスポンサーミーティング。

各研究室の最新の研究成果を見たり、
SFCからちょうど来られてた田中さんとあってfab labo連れてってもらったり、
IDEOボストンの鈴木元さんと久しぶりに会ったり、
ベンチャーキャピタルで広告ベンチャーのリストを見たり、
ゆっくりし過ぎた上に全然タクシー捕まんなくて、
空港に着くのが恐ろしいほどギリギリになったり。


d0108362_2210920.jpgそして、サンフランシスコへ。

太平洋を反対側から見る。
いくら見ても向こう側に日本は見えない。


d0108362_22103839.jpg毎朝、ANGEL CAFEで、この世界で一番うまいのBLTを食べ、
いろんな人に会ったり、
いろんなものを食べたり、
いろんなものを買ったり、
ヨセミテの巨木を見る、というより、会いに行ったりした。

しかし、ここに来た理由は、
最新のベンチャーの動きってどうなってるのか、
知るため。


d0108362_229374.jpgMiseluの吉川氏、AKQA川島君とレイイナモトさん、APPLEのmini、
Goolgeで吉川さんの奥さんにもお会いし、
twitterで丹羽さんにお会いし、
ブログで有名な渡辺千賀さんともお会いした。


d0108362_2291851.jpg左の写真はtwitterの入り口のグラフィック。なんかかわいかった。

ここには本題を書けないし、
本題じゃないとこ書いても
全然もう数時間かかってしまうので、
この位でかなり中途半端でやめますが、
(ほんとブログをまめに書く人は尊敬)

うちの会社と日本について、
いろいろと考えさせられることを見聞きして来たので、
興味ある人は聞きに来てください。


[PR]
# by hkuranari | 2010-06-04 21:21

その後。その11

dayshop、つづきです。

福岡のminority revという
かなりおしゃれなセレクトショップ内のギャラリーで、
dayshopの展示と日めくりの販売を行ってもらっています。

在庫22年分すべてお送りして現地販売していただいています。

また、21世紀最初の( 2001.01.01)とか、
アトムの誕生日(2003.04.07)とか特別な日の展示は、
おととしのクラスカの時よりも増やして28日分展示していただいています。
王800号ホームランの日とか
ヒトゲノム計画によるゲノム解析が完了した日とか、
鳩山政権誕生とか増えてます。

visionaireの展示とかが行われたのと同じ場所だったりして緊張しますが、
お近くの方、ぜひよろしくおねがいします。

minority rev hirao
福岡市中央区平尾2-19-35
http://www.minorityrev.com/

  d0108362_21501388.jpgd0108362_2150407.jpgd0108362_21515475.jpg
[PR]
# by hkuranari | 2010-01-11 21:35

その後。その10

ずっと前のことですが、、
過去の日めくりをバラ売りするショップ、dayshop、
good design award2009のデジタルコンテンツ部門で賞をいただきました。

カレンダーを買っていただいたり、
クラスカでの展示を見に来ていただいた方々ありがとうございました。

d0108362_21545793.jpg
[PR]
# by hkuranari | 2010-01-11 21:22

その後。その9

たまには更新。
金土日とgood design賞に2つ展示をしてきました。
(オープニングの、d.v.dと珍しいキノコ舞踊団のコラボは、
 トウキョウっぽくて良かったですよ。)
要はこれが2次審査なんですが、
賞もらえないと誰にも知ってもらえないので
もったいないからここに書いときます。
過去の日めくりを1日単位で買えるwebshop「dayshop」と
角川つばさ文庫(角川の児童文庫)で作った
「こどもにしか見えない広告。」
けっこういろんな人が、ブログやらツイッターやらに上げてくれてて、
知らない方ですがどうもありがとうございます。
絵が左右で違って見えるレンチキュラー印刷をタテに使って
身長差で見える絵が違うようにしてみたわけなんですが
言葉ではわかりづらいので
どなたかがあげてくれたyoutubeも貼付けてみます。
(自分であげたわけじゃないですよ)
ちなみにこれ、martiにほめられました。よかった。
d0108362_3452033.jpg



[PR]
# by hkuranari | 2009-09-01 03:52

その後。その8

d0108362_1554754.jpg
バルセロナの大親友のジュエリーデザイナー、Marc Monzoが
いま日本で個展をしています。
本人は来れなくてとても残念ですが。
うちに泊まる予定だったのに。
上が新作、下が僕がとてもすきなやつ。
ぜひ行ってみてください。
HPを見ると作品がバーッと見れます。
勉強になります。
http://www.deuxpoissons.com/exhibitions.html

http://www.marcmonzo.net/







d0108362_1554044.jpg
[PR]
# by hkuranari | 2009-04-11 01:51

その後。7

d0108362_220144.jpg
「flying letterという、紙飛行機のカタチで郵送できる封筒を、
 意匠登録とか押さえながら
 同期の塚本くんと2年くらい前に作ったのですが、
 それが2008年のgood design賞をいただきました。
 あと、「審査員の私が選んだ1品」にも、
 審査員の川島蓉子さんに選んでいただいて、
 その展示をミッドタウンでやっています。」
と開催中にアップしようと思いましたが、
遅くなり、とっくに終わった今アップしています。
本屋にも「私が選んだ1品」というのが並んでいるので
なんかのついでに見てみてください。
なぜか巻頭に載せてもらってます。良かったです。
[PR]
# by hkuranari | 2009-03-31 02:28

その後。6

友達の、宣伝。
目黒のホテルクラスカより、
東京の人々による東京のスポットを薦めるガイドブックが出版されました。
外国人が泊まるデザインホテルだから。
このブログにもたびたび登場の牛久保暖くんが企画、編集。
おつかれさんでした。
僕も3カ所おすすめさせていただきました。
僕が薦めた美容院にオーストラリア人女性が切りに行ったとか。
TOKYO BY TOKYO
amazonでも売ってるそうです。
d0108362_23581711.jpg
[PR]
# by hkuranari | 2009-03-25 23:54

つづきその5。

ぜんぜん更新してないので
たまには更新しようと思い立ちました。
今日は会社の仕事で。
hondaのweb movieを
高草木さんと、中島英太さんという会社の兄貴と作りました。
監督は筧さん。
おひまな時にでも覗いてみてください。
web movieとしては脅威的なアクセスになってます。
http://www.honda.co.jp/insight-kun/index.html
[PR]
# by hkuranari | 2009-02-17 01:14

つづきその4。

Martiがまた東京に来ます。
Design tideの、クラスカでの展示です。
ぼくも、そこでおまけ的に?展示させていただきます。
このブログにも登場していた、
クラスカにいる牛久保氏のおかげです。
また、このブログに登場していた、沖さんも、鈴木由里さんもクラスカで展示されるし、
東泉一郎さんも、フライターグ兄弟も一緒という
僕以外、豪華なキャスティング。

展示は10月30日から11月9日まで。

オープニングパーティーが10月31日19時ー23時まで。
DJも、中学生時代からお世話になっている泉栄一さんだったりと、
盛りだくさんでございます。
ぜひ。
内容は、ま、現地でご確認を。

d0108362_235930.jpg
[PR]
# by hkuranari | 2008-10-28 02:04

つづきその3。

どうもごぶさたしております。
まだ、ここに書くと見てくれる人がいるでしょうか。

近況は、電通に戻って、日々ポジティブにやっております。
もう日本に戻って10ヶ月が軽く過ぎています。
タイムフライズ。Martiもこないだのメールで書いてました。
ちなみにちょうど1年前は、martiがカタルーニャ地方の文化勲章みたいなのを
もらった日でした。

あと、
こないだの6月10日、時の記念日に、
webshopをオープンしました。

名前はdayshopです。
http://www.dayshop.jp

ちょっと変わった日めくり屋で、
過去の日めくりカレンダーだけを売っています。
一番古いのは1978年。
過去20年分あります。

それをバラ売りしていて、
要は、自分の記念日だけ、その日の分1枚手に入る、という。

21世紀最初の日、アトムの誕生日、ワールドカップ出場を決めた日、
ウォークマン発売日、ソ連崩壊、などなど
人類の記念日も、在庫にあります。

プレゼントとかに使ってもらえたら、とてもうれしいです。

ロゴは、河合雄流さん。デザインは、岡本紀子さん。
webデザイン全般は札幌のimaginarystroke、濱上さんに作って頂きました。

よろしくおねがいしまーす。

d0108362_1575592.jpg
[PR]
# by hkuranari | 2008-07-05 01:58

つづき2

またmartiが来日しています。
8月にバルセロナを去ってのち、すでに3回会っているので、
感慨もひとしおになりませんね。
今年はdesigntideに出展しています。
テーマがplayだそうなので、martiの作風はど真ん中ですね。
10/31ー11/4の10時−8時(4日は5時まで)。
作品のラフがcasa brutusに載っていました。
ファイルは手元にありますが、了承取るの面倒なので、
そちらでどうぞ。
[PR]
# by hkuranari | 2007-10-29 23:22

追加情報その1

突然ですが、
Martiが来日しています。

Martiの企画で、
明日5日から丸ビル1階のカフェイーズというカフェ内で、
キャンディーだけのレストラン、Candy Restaurantをやります。

前菜にキャンディーが出て、メインもキャンディー、副菜もキャンディーと
キャンディーのコースです。

フードコーディネーターは広沢京子さん。
このブログにはkokoと称して書き込んでくれてる
僕と生まれた日が2日しか違わない
いまをときめく人です。

5日から11日の、11時半ー22時までで、
その日分のアメがなくなり次第終了です。

今日5日はmartiもcandy restaurantにほぼいるはずです。

みなさん、ぜひ。
[PR]
# by hkuranari | 2007-10-05 04:46

ふたたび182日目。

帰って来たのは8月17日で、今日が9月30日。
あー、帰って来てだいぶ時間経ちました。
ちょくちょく覗いてくれた方すいません。

帰って来ていろいろ新しく見えますが、
海外に住んだことある人がみんな思うのとほぼ同じ感想でしょうね。
なんて経済中心な生活なんだ、っていうこととか。

d0108362_2046654.jpgMartiは帰り際にプレゼントをくれました。
卒業証書みたいな。
ex-designer認定書。
exって元とか脱とかっていう意味でしょ?
僕はデザイナーにもなったことないんですけど、そもそも。
大事にします。


その間実は、ロンドンとバルセロナと
2週間ほどもう1回行って、手伝ったもののできあがりを見にいきました。

一個はロンドンデザイナーウィークで
deptfordの蚤の市のモノをリデザインするもの。
martiにはかっこわるいスポーツシューズ10足が当たったので、
10足つなげました。
そしたらmartiがじゃあ名前はteam walkにしようと言って、
チームワーク養成シューズとなりました。
僕の名前まで入れてくれていて、ちょっとありがたい。
d0108362_2045432.jpgd0108362_20462182.jpg


それと、imaginariumっていうオモチャ屋のコンセプトショップ。
shop in shopをいっぱい考えました。
本コーナーは、本のカタチの本棚。これはよくできてました。
乗り物売り場は、駐車場みたいに。
カウンターは家。
照明は星座。などなど。
当所の予定より商品多く置かないと行けなくなったりして、
変えざるを得ないところもあったように思えますが、
このクライアントとは初めての仕事だからだんだん関係良くなって行くんじゃないかなきっと。
d0108362_20463919.jpgd0108362_20465032.jpgd0108362_2047143.jpgd0108362_2047119.jpg


d0108362_20472725.jpgイタリアのコライーニ社から出た、martiのセリフを書き込むマンガ。
去年の2月出発前、ちょうどコミックチャージの広告でセリフを抜いたポスターを
みんなで作って出た所だったから、同じコンセプトでびっくり。
このセリフ抜きマンガの中のストーリー(といってもセリフ抜きだけど)を
一緒に考えました。


d0108362_20474115.jpgあとは、B-signの写真立て。
新聞の中に自分の写真を入れて、ニュースとして書き込むってやつですね。
売れんのかなあ。まあ気に入ってくれたからいいけど。


cha-chaっていうミュージアムショップへのグッズとか作ってるところが
買ってくれたアイデアは、
全然進んでなかったから、これを機に打ち合わせ。
プロトタイプ作っておくってくれるそうで、さてどうなるやら。

あとは椅子とか考えてmartiに託した案とか
2年かかったりするから待っててと言っていたので、
それも期待せずに待つと。

そのすべて、いいものができたかどうかはそんなに自信ないですが、
過程を経験できて、結果まで見れたっていうことがプライスレス。
それすべてが過程として、
さてこれから何作ろうかなと。


これで、バルセロナの毎日のブログと僕の旅は終わります。
一言でいうと、
大変だったけど楽しかった、なあ。
コピーライターとかCMプランナーとかやっている人間が、
デザイナーじゃない上に、
プロダクトデザイナーのところに行ったのだから、そりゃそうだ。
Martiは、そういうところを逆に楽しんでくれるような、
好奇心に満ちた柔軟な姿勢の人だったから成り立ったようなもので。

最後に、いつも読んでくれていた方々、ありがとうございました。
おかげさまで、全日程書けました。
この半年でお会いできた方々、どうぞこれからもよろしくです。
電通さん、投資してくれて本当にありがとうございました。
その他、たくさんの方にspecial thanksを申し上げたいですが、
照れるのでやめときます。
MartiとIngaには、このご恩は一生忘れません、を。

なにか新しいもの作ったら、
ここに書いたりしてみようかなとは思っています。
Martiの情報とかも。
おひまな時にでものぞいてもらえれば、うれしいです。

では一旦さようなら。
ありがとうございました。
[PR]
# by hkuranari | 2007-09-30 20:47

182日目。

17日金曜日に帰ってきました。
が、ここにまとめて書く気力がまだ起きてないので
そのうちここに書きます。
すいません。
とはいっても、大したこと書くわけでなく
ただ最終回を書くだけです。
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-17 23:03

181日目。

d0108362_236426.jpg
雨のベルリンを出発。

d0108362_2365536.jpg
そんで15時間後にはほぼ到着。

d0108362_2371793.jpg
右手に富士山が見えるというアナウンスに
機内の外国人ご一行様騒然。
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-16 23:07

180日目。

最後の日。
martiと最後のコーヒー。

なんとなく、口数少なめな午後のコーヒー。

最初の質問は、帰ってからまずどうすんの?。
まあ考えてることを述べ、イェスイェス、ユー シュドゥ トライ。など返答。

その後なんとなく、でも最後に言おうと準備していただろうことは。
日本のコンテクストを活かしたものを作りなよ。
ということ。
前々からよく出て来てることだけど。
コンテクスト、文脈。
平たくいうと日本のオリジナリティーを活かしたものを作りなよ。でしょう。
広告をやるにしてもプロダクトをやるにしても、何をやるにしても、と。

なんと普通で簡単に思えそうなアドバイス。
でもやっぱりそこに、ポイントがあるんだろうなあ。

家具を見てると日本から出てくるのがどうしても何かのに似ていたりして、
日本からの新しいのっていうのが見えないし、
(特にヨーロッパ人から見るとそうかもね)
また建築で、日本からのでいいと思うのがあるのは、わかりやすく素材だけでなく
日本の要素を感じるものがあるからだと思う。
また、カルチャー全般を見ると、ミックスされすぎてて、日本ってのがどこにあるのかわからなかったりするし。と。
なにをやるにしても日本のことを目に見える形にしなよ。などと続いた。

日本のオリジナリティーって何かという問いについては、
帰ったらまた違って見えるものもあるでしょう。

さてさて何作りましょうかね。

(中略)

1つ作る度に送ったりしなきゃね。
イエスイエス、そしたら点数つける。
(※途中からアイデアに点数つけるってのをやっていたので。お互いに。)

(中略)

何か力になれることがあれば、何でも言って。
もちろんこっちも何か手伝えることあれば。


d0108362_6363589.jpgそんなことと
ありがとうを言って
さようならを言いました。

でも最後の日の別れの会話としてはあんまりうまく行かなくて。
日本に帰るけれど、はじまりの終わりくらいで、終わる感じが全然しなくて。



d0108362_6394023.jpg
ingaはパンを焼いてくれました。
思い出を噛み締めたまえ、ということなのか、すごく固いです。
ありがたく、明日出発までに全部噛み締めようと思います。
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-15 06:35

179日目。

子供の熱は順調に降下。
それにともない妻の疲れが出る。
よって家事の日。
こんなんありえないなあ、こういうことでもなければ。

そんなこと書いてもデザイン好きの期待に応えられないだろうから、
martiにどうやってアイデア考えてるのか教えてって言ったときの答えでも
書いておきます。
普通は、考えて、書くとか言ってはぐらかしたりしますが、
ある時、僕の滞在の終わりが近づいて来たからか、
なんか真面目に答えてくれました。
A。考えるには情報が必要。それをつなぎ合わせて作る。
それはクライアントからの情報だったり、
たとえば僕がじゃあこんなのは?っていったのが情報として作用するときもあるし。
情報がないときは自分で情報をセットする。
まあつまり、そんな変わんないというか、同じですね。
おんなじ、とはいえ、そのプロセスをちゃんとやってるかっていうと
たまに無視したりしてしまうこともあるので
ちゃんと無意識のうちにやるまでやろうっていうことかな。
あとは昨日書いたプロトタイプを作り貯めてた時期のアイデアの蓄積。
これが引き出しになっているのは端から見ていて確か。
何事も蓄積。
まあ、がんばりましょう。
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-14 09:59

178日目。

3日延長が決まったので、洗濯に。
コインランドリーが全部ドイツ語でわからん。
水が出て回ってたから良いと思う。
乾燥機の性能はベルリンの勝利。mieleだし。
洗濯待ちに飲むコーヒーはバルセロナの勝ち。

ベルリンvsバルセロナのつづきとして。
martiがベルリンに来ればもっと自分(か、もしくは自分の作品)のことを
理解してもらえると思うと言っていたけれども、
まあ元々彼が優秀であったということは置いといて、
ずっとバルセロナにいたとしたら、今の彼はなかったであろうとは思われる。
ミラノのデザインスクールを出た後、
友人たちとスタジオを立ち上げて、仕事がたくさん舞い込み、
(このころはいわゆる普通のデザインをしていた)
学生たちも雇って回していると自分でデザインする時間よりも
そうした時間が多くなり、
これじゃあだめだとやめ、
ソウルの事務用品の会社がデザイナーを探していたらしくソウルに派遣され、
ソウルで1ヶ月働いたお金で、残りの1年をベルリンで過ごし、
そのまとまった時間でプロトタイプをたくさん作っていたそうで。
ingaともベルリンで出会っている。
その過程でベルリンが作用した力は大きいだろう。
それはたぶん東京でも可だと思う。
あとは重要なのは、実験するためのまとまった時間。

話は飛びますが、子供の熱は少しいいです。
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-13 09:45

177日目。

ラスト1日、日曜日。
子供の熱は下がらず。

結局3日間飛行機を延ばしました。
特に目立ったことはできないと思うけれど。

d0108362_17134751.jpg
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-12 17:08

176日目。

最後の最後で子供が熱を出しました。
生まれて初めての熱 in berlin。

バルセロナと同じ要領で、保険会社から医療通訳の方をお願いしてもらい、
今回は往診に来てもらう。
39.5度あるけどよく笑ってる。

日本に帰れるかなあ。

あと1日です。

d0108362_8104692.jpg
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-11 08:06

175日目。

d0108362_7572668.jpg最後の平日。
最後の打ち合わせ。

最後に3案、martiメモへ。
でも家具とかプロダクトとか1、2年かかったりするから、まあゆっくり見ててと。
プレゼンするときのカンプも送るからと。

いうことでmartiとの仕事、一応終わり。


午後はmartiとアパートの周りをぶらぶら。
午後と言ってもベルリンでもスペイン時間で動いているので
昼飯が2時から。午後は4時以降をさす。
ここはグラフィティーの海。

d0108362_804852.jpgd0108362_811613.jpg
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-10 07:55

174日目。

d0108362_6414737.jpg

ingaのアパート、
つまりmartiのベルリン事務所、からの風景。


d0108362_6423040.jpg今日のランチはベルリン名物、curry wurst。
ソーセージにケチャップとカレー粉。
Kadeweっていうデパートの食料品売り場。
いわゆるデパ地下。地下じゃなくて最上階だけど。神戸牛も売ってる。
martiもingaも会ったときからkobe beef、kobe beefとよく連発してたのは、
牛にマッサージをしてる、とかモーツアルト聞いてるとかここに書いてあったせい。



d0108362_6434516.jpg
今日は徒歩で街中を案内してくれる。
第2次世界大戦で破壊されたまま残されている教会。
いま世界史の勉強をしたら、全てすんなり入ると思われるけれども、
そもそも歴史ってそういうもんなんじゃないかなあ。



それと関係ないですが、
同期の塚本君と作った紙飛行機の形で送れるはがき、flying card、
アムステルダムのplatform21という美術館(※90日目参照。)で取り扱ってもらい始めました。
お近くをお通りの際はぜひ。
そんなに通んないと思いますけど。
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-09 06:31

173日目。

d0108362_6175993.jpg
東ベルリン。
インガのアパート。


d0108362_6183798.jpgd0108362_6194149.jpgd0108362_7284610.jpg
中心街mitteの方へ、
karl marx通りを抜けて歩く。


この辺はmartiガイドによると、
第2次世界大戦後、未来都市を作る計画として、集合住宅を作り、
その前のこうした建物に、食べ物屋、なんとか屋、などを1件づつ配置したそう。
壁は情報のコントロールのために筒抜けになるようにしてあり、
隣の隣の声が聞こえるくらい薄いのだとか。
北京と似てる。
観光にはいいかもだけど、住む気はちょっとしなかったかなあ。


d0108362_6264375.jpgそしてblessのスタジオへ。
この写真突き当たり。
すぐ昼ご飯に行ったのでスタジオでは特に何も見ていないけど、
これ、面白いんじゃないかなあと思うものをいつも集めてんだろうな
という片鱗をちょっと見た。言えないけど。


d0108362_630128.jpg会ったのはblessのイネス。
いつもベルリンにいる方の人。
残念ながら写真は載せられません。
martiとblessは一緒にミラノで展示したりと仲良くしているようで、
そんなおかげですんなりつなげてくれた。
特にblessについては説明しなくていいかもですが、一応サイトくらいは。
http://www.bless-service.de/
ヒデトシはブレスのファンで、っていう紹介のされ方には、えっと、そうですとしか言いようがなかったけれど。

とても明るいエネルギーを持った人。
街角で会ったスタッフとのやりとりも楽しそうで。
そして、当然、デザイナー気取りなんか、ない。
そういうデザイナーとはジェネレーションが違うっていうようなはなしもちらと出たり。
基本的に最近どう?っていう話。
インタビューしに行ったわけじゃないので、熱心な質問は当然しなかったけれど、
既存の、普通に行われていることに疑問を感じて、
自分で感じること、考えることをちゃんとちゃんとやってきた人なんだろうな。
思った。あくまで推測。


d0108362_7271649.jpg自分でモノを作り始めて気付いたのは、
こういう時にとてもいいということ。
広告はあげられないけど、プロダクトならあげられる。
flying cardとflying letterと、
下川さんと作ったボタンホールを空けた指輪を進呈。
喜んでくれてた。これも推測。


今日のことを書いてみると、今日は特盛りだったなあ。

d0108362_6594330.jpg
その後、martiとingaが車で観光ツアーに連れてってくれる。
手元にはどこつれてくかの予定表まで組んである。

出発直前からどしゃぶりの雨。


d0108362_702630.jpgd0108362_705394.jpgd0108362_711763.jpg
ブランデンブルク門、
雨の中たたずむベルリンの壁、
コルビジェの集合住宅。


雨降ってて遠くが見えなくて残念とか、外出れなくて残念だけどとか言ってくれるけど、
ingaがこんなことまで僕らのためにしてくれるというだけで
ありがたくて、そんなこと、どうでもいいんです。
Thank you, Inga & Marti.
本人たちにわかるようにここはローマ字でアピール。
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-08 06:14

172日目。

d0108362_943973.jpg

ベルリンのアパートより。


d0108362_9353363.jpg
アパートまでMartiが迎えに来てくれる。
ベルリンでのmartiはなんだか小声。本人は気づいてないらしい。
ベルリンを見てもらえれば、自分(マルチ)のことをもっと理解してもらえると思うと、
そういえば前にいってたな。


d0108362_9445797.jpg

一緒に昼飯と散歩と打ち合わせ。
ベルリンぽいかどうかわかんないけど、バルセロナと違う風景。


1日目にして、ちょっとわかる気がした。
街が広いから。いわゆる空き地じゃないけど、空いたスペースがある感じ。
キーワードの1つはこれ。空いたスペース。

ベルリンは遊びに来ただけではないので、
企画しないと。なんで今日はこの辺で終わります。

明日は、blessとアポを取っておいてくれたそう。
なんかヒントをみっけたいなあ。
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-07 09:28

171日目。

d0108362_9143583.jpg4ヶ月住むと、さすがに愛着が湧くものだなあ。
上から2番目の部屋。

バルセロナを発つ。


この日は、この6ヶ月間で一番ハードだった日となる。
チケットのトラブル、
フライト遅れ、乗り継ぎ便の変更手配、
子連れ移動の厳しさ体験、
ベビーカーロストバゲージ、など。

とにかくなんとか無事につけるかわかんない状況からつけたことだけはわかってもらえたでしょうか。
よってただいまベルリンにおります。


d0108362_923535.jpgベルリンはまたバルセロナと違うもんだなあ。
天使の像が写ってる、はずの写真。真っ暗だけど。
涼しく、静か。
夜は自分の心臓の音が聞こえるくらい。いや、ほんとに。
アパートも素敵だったし、ハードとはいえ、ラッキーだったな今日は。
[PR]
# by hkuranari | 2007-08-06 09:10